用途紹介

本用途は顧客さまに参考資料としてご提供する一般的な用途であり、詳細な用途は注文の際、必ず担当者と協議してくださいませ。

  • オステナイト系

    非磁性を帯び、一番汎用的に使用される鋼種系列熱処理による強化可能、冷間加工時の加工誘起マルテンサイトの生成で、加工硬化能が大きい。

    • 主な鋼種: 301, 304, 304L, 304J1, 316L, 321
    • 主な用途: 汎用鋼
  • ペライト系

    磁性を帯び、光沢度、低熱膨張の特性に優れる。冷間加工時、加工硬化能が小さく、熱膨張係数が低くて熱疲労の特性に優れる。

    • 主な鋼種: 430, 409L, 410L, 429EM, 436L, 439, 430J1L, 430RE, 441, 444
    • 主な用途: 自動車排気系、貯水槽、家電
  • マルテンサイト系

    マルテンサイト系のステインレス鋼は一般的に高い強度と硬度を保有するものの、耐食性はオステナイト及びペライト系のステインレスより多少劣っている。適切な熱処理によって、強度と硬度を高め得る。

    • 主な鋼種: 410, 410L, 410B, 420N1
    • 主な用途: 1種洋食器、刀物用 (ナイフ、はさみ), Disk Brake用
  • Duplex系

    Austenite and Ferrite’s structure are mixed almost equally Intergranular corrosion is better than Austenite Stainless steel

    • 主な鋼種 : 329J3L, 329LD
    • 主な用途: 海洋石油 ·ガス、淡水/水処理、化学装置産業