製造工程

製銑は、鉄鉱石から鉄成分を分離、抽出する工程のことで、原料炭を乾留して作ったコークスと、焼結工場で適当な大きさに焼き上げた焼結鋼を一緒に運搬し、溝から吹き上げる高温の熱風に当てて溶融状態の溶銑を
作り出します。 製鋼は、鉄鋼製品の品質に最も大きく影響する核心工程であり、溶銑予備処理を経た溶鋼を複合取錬炉で取錬し、Vacuum Degasser、Powder Injection、Ladle
Furnaceなどの最新精錬設備を利用して希望成分の鋼を作り出します。
2次精錬が終わった溶鋼は、最終製品にあわせて圧延できるよう、連鋳工程を通じてSLAB, BLOOM,BILLETなど様々な形状と寸法の半製品になりますが、この課程では、連続鋳造法を使って燃料費を削減し、生産性向上はもちろん、品質向上効果を上げています。

製造工程